独身だと思って告白したら、まさかの妻子持ち・・・

独身だと思って告白したら、まさかの妻子持ち・・・

私は5年間、不倫をしました。大好きで大好きで心から好きになった、「愛している」と思えた人。でも妻子がいることを知りました。でもそれを知ったのは付き合い始めてから。どうしてそれまで気づかなかったのか、彼は私の学習塾の先生でした。何年も指導してもらってきたのに、奥さんがいるなんて、子どもがいるなんて、私は全く気づきませんでした。お互いなんとなく好きな感じというか、そういう雰囲気もあったし、先生の彼女になりたいとずっと思っていました。高校卒業した時、先生に告白。先生も私を好きと言ってくれました。本当にうれしくて、華の大学生になれると張り切ったのもつかの間、先生からとんでもないカミングアウトがありました。でも、こんなに好きなのに、やっと両想いになれたのに・・・。あきらめようと何度も思いましたが、先生からの誘いがあると断れない私は毎週のようにデートを重ねました。普通に手をつないでデートをして、毎日連絡をとりあって・・・そこらへんにいるカップルと同じです。ただ、夜になると連絡がとれません。先生は自宅では携帯の電源をきります。カップルは夜に連絡をとりあうことが多いと思いますが、私にはそれがかないませんでした。あとは、先生の家に遊びにいくこともありません。もちろん、先生に妻子がいるとわかってしまったからには、私の家族にも先生の存在を知られることは許されず、隠して過ごす日々でした。家族にまで嘘ついて、先生の奥さんや子供にまで迷惑をかけて、私はなんてことをしているのだろうとたえず悩み続けました。何回も別れようとしました。でも、先生は私を愛してくれていて、「いつか離婚するから、待っていてほしい」と、その言葉だけを信じて、5年間、付き合いました。でも、4年をすぎたあたりから、先生は家を買ったり、車を買ったり・・・いつか離婚するならそんな高いものを買わなくてもいいのに、「とりあえず奥さんに疑われないように」と説明されましたが、私はなんとなく信じられない気持ちになりました。
ちょうど仕事が忙しい時期でもあり、先生と会えない日が続き、先生からの誘いはたくさんありましたが、だんだんと連絡とらなくなりました。
やってはいけないことだとよくよくわかります。でも、どうしても好きになってしまって、どうしようもないときもあるのです。遊びではなくて、いつか結婚できると信じて本気で愛人になった人にだけ、よく分かると思います。誰にも言えない、一生心にしまっておく私の体験です。